リフォーム済み賃貸に住みたい

リフォーム済み賃貸は、外観は古いけど中は新築に負けないほど綺麗。しかも家賃も手頃な物件がお多いらしい。

リフォーム済み賃貸に住みたい

一人暮らしを4年間している私ですが、そろそろ今のマンションにも飽きて来て、引越をしたいなと考えています。最初は気に入っていた間取りやフローリングなども、長年住んでいたら「もっと安くてよい部屋がある!」なんて不動産のチラシを見て悔しがったりしている私です。そこで気になるのが、最近よくテレビや雑誌で紹介されているリフォーム済みの賃貸です。特に気になるのは、外観は結構古い木造の2階建ての一戸建てだけど、中は完璧に栄フォームされていてかなりオシャレで綺麗!という物件。しかもこーゆう物件は家賃も比較的安くて、一人で一戸建てに住めるというかなりオイシイ物件だと思います。外観と内部のギャップが、私には最高に魅力的に感じます。
さらに、リフォーム済み賃貸の良いところは、築年数が古いほど不安な水まわりの設備も最新のものに変わっていて、新築と変わらないほど綺麗だということ。いくら安い物件でも、やはり水廻りは清潔なのが良いですよね。特にお風呂が汚かったり古かったりしたら、生活時代がイヤになってしまいそうです。その点、綺麗な水廻りで過ごせる点は最高です。ただ、一つ気になるとしたら、耐震性ですね。いくら中が綺麗にリフォームされていても、耐震性は建て替えない限り変更ができませんからね。だから最も良いのは、古すぎない、そして、リフォームが完璧にされた物件ですね。
最近は、マイホームを手に入れる際の選択肢として、中古物件を購入して、リノベーションする手が増えていますね。これはリーフォーム済みの賃貸とは違い、一から自分の好きなように部屋を変えられるという利点があります。私はインテリアにはとことんこだわりたい派なので、将来はこの方法でマイホームを手に入れたいと考えています。ナチュラルだけど、どこかヨーロッパのクラシカルな雰囲気を含みつつ、70年代風のアンティークの家具なんか揃えたいものです。夢は広がるばかり。夢が叶うのは、いつになることやら。とりあえず今は、リフォーム済みの賃貸へ引越して、好きな家に住みたいなと考えています。

Copyright (C)2015リフォーム済み賃貸に住みたい.All rights reserved.